注意 現在「ESET INTERNET SECURITY」利用環境下でイベント参加画面にアクセスすると、参加枠が表示されないとの報告が寄せられています。connpassではセキュリティソフトやブラウザ拡張等、ブラウザ標準の挙動を変更するツールを用いた状況下での動作保証はしておりませんので、ご注意ください。 詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sep

7

ElixirConf JP 2019 あなたの仕事をシンプルで速く、信頼性高くするカンファレンス

Organizing : 九州国際Elixir連盟+fukuoka.ex

Hashtag :#ElixirConfJP
Registration info

Description

世界3都市をメインに毎年開催されるElixirConfが北九州にて開催されます

connpass募集参加枠+スポンサー企業様枠+運営協賛で計106名もの方がご参加となりました、ありがとうございます!引き続き、ご参加お待ちしています

ElixirConf JP 2019の応募は下記fukuoka.ex応募ページで受け付けております

ElixirConf JP 2019 kokurajo応募ページ

https://fukuokaex.connpass.com/event/138846/

ElixirConf JP 2019のプロモーションビデオをYouTubeにアップしています

https://www.youtube.com/watch?v=_erGxLMmelo

image.png

Elixir IoT開発ライブラリ「Nerves」コアメンバーのJustin Schneck氏が来日します

登壇テーマ(18:35-19:35):
Nerves Project: Performant, Scaleable, and Fault Tolerant Embedded Systems

tokyo.ex#12 Nerves Trainingでも触れた、Elixir IoT開発ライブラリ「Nerves」を開発するコアメンバーが今回、来日し、小倉城 天守閣で、基調講演を行います

image.png

「tokyo.ex」からは、主催のohrdevが、全国各地のスピーカー8名と共に登壇します

登壇テーマ(13:50-14:10)
アルケミストとD/OX(developer/operation experience)
~少人数チームがElixirとマネージドサービスで気持ちよく幸せになる為に~

image.png

※特設ポータルサイトも併設しておりますので、イベント詳細は、コチラでもご覧ください

https://fukuokaex.fun/

image.png

ElixirConf JP 2019の応募は下記fukuoka.ex応募ページで受け付けております

ElixirConf JP 2019 kokurajo応募ページ

https://fukuokaex.connpass.com/event/138846/

※以下は、応募ページのまとめ版になります

ElixirConf JP 2019 Kokurajo

「Elixir」は、スケーラブルかつ保守しやすいシステムの構築向けに設計された、高い生産性を誇るプログラミング言語です

SlackやDiscordのような、大規模かつリアルタイム性高いコミュニケーション分野で導入・活用されており、金融・証券やマルチプレイヤーオンラインゲームといった、大量ユーザ向けシステムでも活躍しています

小規模案件や、スタートアップでのプロダクト開発に対しても、「高生産性」と「安定運用」をもたらし、事業成長を少ない追加予算、もしくは追加開発無で追従できる「スケーラビリティ」を提供するので、「IT人材不足」の現代に適しています

また、機械学習/ディープラーニングの「前処理」のような、データ処理でも開発容易性を発揮し、AI/データサイエンスの分野における活用にも注目が集まり始めています

「ElixirConf®️」は、そんな「Elixir」を取り巻くコミュニティと企業が集まり、Elixirの新技術と様々な事例を共有することで、業務/コラボレーション/起業家マインドの3つを繋げるカンファレンスです

2014年に始まり、この5年間、米/欧州/テキサスの3都市をメインに毎年開催されている先端IT技術カンファレンスで、世界中のさまざまな企業が協賛しています

image.png

「ElixirConf®️ JP 2019」では、Elixir を活用したビジネスの事例や、Webサービス/サブスクリプション事業/エネルギー活用基盤/IoTを Elixir で実現する技術・開発ノウハウ、そして今後の産業基盤や経済を Elixir がどう変革されるかの未来を、皆様と分かち合う場になります

そして、開催地は「小倉城」!

「城」を舞台に、Elixirの世界大会が、日本で今、IT とスタートアップ、そして Elixir が熱い福岡で開催されます

ElixirConf JP 2019 Kokurajoの目玉①: 海外Elixir PJコアメンバーの来日講演

「小倉城」の「天守閣」では、Elixir のみで、IoTデバイス アプリ開発ができ、クラウド越しにファームウェア更新までできる、IoT界に激震を走らせるような革新的PJ「Nerves」のコアメンバーである「Justin Schneck」氏が来日しての基調講演が決定しています

「城の天守閣で、海外の方が登壇する」という、一時代であれば、絶対に不可能な出し物も、この平和な時代の日本だからこそ開催できる、歴史的にも意義深い国際交流でもあると捉えています

Justin Schneck 氏

image.png

Justin Schneck氏と共に「小倉城 天守閣」に入り、基調講演を眼の前で聴講できるのが「プレミアム席」です

世界レベルの先端ITをライブで体感し、Elixir がIoT界を塗り替えていく「熱」と「実感」に触れたい方は、ぜひお申し込みください

※プレミアム席/LT枠以外の皆さまは、小倉城1Fでのライブビューイング(リモート聴講)となります

ElixirConf JP 2019 Kokurajoの目玉②: 国内熟練 Elixir プレイヤーによる登壇

海外 Elixir プレイヤーに加えて、国内の熟練 Elixir プレイヤーも、計8名参戦します

幾田 雅仁 氏

日本 Elixir 協会(Japan Elixir Association)の理事であり、株式会社gumiで Elixir 開発のフラッグシップを支えるCTO

image.png

森 正和 氏

fukuoka.exを主催し、カラビナテクノロジー株式会社とAIジョブカレで、Elixir絡めたAI・ML/データサイエンスもリード

image.png

ElixirConf JP 2019 Kokurajoの目玉③: 小倉城を見ながら懇親会

本カンファレンスの終了後(20時)、懇親会を行います

懇親会には、登壇者やfukuoka.exの運営スタッフも参加しますので、Elixir についてのご質問ができたり、実際の Elixir プロジェクトにおける体験談なども聞くことができます

普段の業務では出会えない、先端技術や Elixir に関心高いエンジニア/経営者との交流をお楽しみください

image.png

懇親会への参加ご希望であれば、「バンケット席」をお申し込みください

なお、エントリー席は、懇親会が付いてこない、カンファレンスのみの参加になりますので、ご注意ください

開催日時

2019年 9月 7日 (土) 13:00〜20:00(懇親会は20:15より)

会場

北九州 芸術劇場 6F 小劇場+小倉城(最寄駅:小倉駅)

※ 詳細なアクセス方法は、後述の「アクセス、会場までのご案内」をご覧ください

タイムテーブル

第1部

時間 発表者 内容
12:00-13:00 - 開場(受付開始)
13:00-13:10 fukuoka.exビルダー/司会
古賀 祥造 氏
開会のパターンマッチ
13:10-13:25 fukuoka.exオーガナイザ
九州国際 Elixir 連盟 理事
森 正和 氏(piacere)
ElixirConf JP 開催のお礼とご挨拶、スポンサー企業様のご紹介
13:25-13:45 北九州市立大学
国際環境工学部 准教授
ナッジ社会実装研究センター
山崎 進 氏
今、ElixirConf JP を小倉城で開催する歴史的な背景と意味とは?
超並列高速処理系「Hastega」の開発は「ものづくり」から始まった…
13:45-14:00 【登壇調整中】 【登壇テーマは追って発表します】
14:00-14:20 株式会社gumi CTO
Japan Elixir Association理事
幾田 雅仁 氏
なぜ、Elixir 採用で製品の質が上がると言い切れるのか!
(私たちが戦っている「複雑さ」とは何か?Elixirだとどうなるか?)
14:20-14:35 Shinjuku.ex主催
塚本 朗仁 氏
日本最古 Elixir コミュニティが黎明期の Elixir から現在の進化までを語る
14:35-14:50 (休憩)
14:50-15:10 合同会社クラウドグリッド CTO
高知工科大学 特任教授
菊池 豊 氏
再生可能エネルギー発電所でIoT!? Elixir で叶える「仮想発電所」技術
リアルワールドも Elixir のごとく地域分散・協調社会へ
14:10-14:25 京都大学
大学院情報学研究科 助教
科学技術振興機構(JST)
さきがけ研究者
高瀬 英希 氏
Cockatrice: A Hardware Design Environment with Elixir
[JP edition]
15:25-16:00 (LT登壇者の皆さま) Lightning Talkセッション
16:00-16:20 南原神楽 様 ”fukuoka.ex祭り” 締め括り祭事 「南原神楽」舞台講演
image.png
16:20-16:35 株式会社コイシ
代表取締役
小原文男
スペシャルスポンサーセッション
「みんな」と「全体」を考える優秀な人がこれからの土木を導いていく
16:35-16:50 株式会社YAMAP
エンジニアリングマネージャ
松本 英高 氏
登山プラットフォームYAMAPでの Elixir 導入事例
2年間の Elixir 運用で実感した安定性、高速レスポンス、省メモリ
16:50-17:00 (休憩)
17:00-17:05 (全員) 写真撮影(席に座ったまま)
17:05-17:25 株式会社ドリコム
プラットフォーム開発1部 部長
Japan Elixir Association理事
tokyo.ex主催
大原 常徳 氏
アルケミストとD/OX(developer/operation experience)
少人数チームがElixirとマネージドサービスで気持ちよく幸せになる為に

※アルケミスト:Elixirに親しむ人を指す愛称、PHPで言うペチパーに相当
17:25-17:45 カラビナテクノロジー株式会社
執行役員
AIジョブカレ福岡代表
森 正和 氏
ソースコードを7箇所変えるだけのカンタン修正で処理性能が20倍に!
並列ライブラリ「Flow」の破壊的パラダイムシフトとデータ処理の未来

You can achieve 20x performance with 7 fixes in source code!!
The destructive paradigm shift by "Flow" and future data processing
17:45-17:50 古賀 祥造 氏 第2部へのご案内
17:50-18:30 (プレミアム席) (小倉城に移動)

第2部

時間 発表者 内容
18:30-18:35 山崎 進 氏 第2部イントロダクション
18:35-19:35 Elixir IoT開発プラットフォーム
「Nerves」コアメンバー
Justin Schneck氏
ElixirConf JP prologue 2019基調講演
Nerves Project:
Performant, Scaleable, and Fault Tolerant Embedded Systems
19:35-19:45 京都大学
大学院情報学研究科 助教
科学技術振興機構(JST)
さきがけ研究者
高瀬 英希 氏
Nerves PJを受けて「ElixirでIoT」が描いている未来予想図
19:45-19:55 九州国際 Elixir 連盟 理事
森 正和 氏
Elixir と共に、世界へ進出し、産業を変革する3年間のロードマップ
19:55-20:00 古賀 祥造 氏 閉会のパターンマッチ、懇親会のご案内
20:00-20:15 (懇親会付の皆さま) (懇親会場に移動)
20:15-21:30 (懇親会付の皆さま) ♪~ 小倉城にて夜酒懇親会 ~♪
海外 Elixir エンジニア、都心・各地 Elixir プレイヤーと共に
-21:30 - 閉会

※タイムテーブルのテーマおよび時間帯は、変更される可能性ございます

■アクセス、会場までのご案内

〒803-0812 福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1−1−11

image.png

アクセス手段 ご案内 注意点
電車・新幹線 「JR」
 小倉駅(南口)から会場まで徒歩10分
 西小倉駅から会場まで徒歩3分
西小倉の方が近いですが、快速や新幹線が止まりません
飛行機 「北九州空港」に到着
 →「エアポートバス・小倉線」に乗車
 →「小倉駅新幹線口」で下車(約35分)
 →会場まで徒歩10分

「福岡空港」に到着
 ルート①:高速バス利用(全100分)
  →「西鉄高速バス」に乗車
  →「小倉駅前」で下車(約90分)
  →会場まで徒歩10分

 ルート②:電車利用(全65~110分)
  →「地下鉄空港線」で「博多」まで移動
  →博多から「JR」以下3種いずれかに乗車
   1.新幹線(約20分)
   2.特急(約40分)
   3.鹿児島本線(約50~80分)
  →(以降は上記電車・新幹線と同様)

車およびバスのアクセスは、「北九州 芸術劇場」のアクセスをご覧ください

会場は、「リバーウォーク小倉」の6F 北九州 芸術劇場の「小劇場」となります

image.png

持ち物

会場にはゲスト用Wi-Fiがございませんので、ネット接続は、ご自身のスマホやデータ端末などでお願い致します

また、会場内に「充電スポット」は設置しておりますが、各お席までの電源は配置されておりませんので、PCやスマホを持ち込む方は、充分に充電した状態でお持ちください

それと、来場した登壇者や Elixir に関心あるエンジニア/経営者との交流のために、名刺数枚や、スマホ/タブレット等の通信可能端末をお持ちいただくと、メールやTwitter/Facebook/LINEなどでのカンファレンス後の交流もしやすくなるかと思います

本カンファレンスに関するお問い合わせ先

宛先:九州国際Elixir連盟 ElixirConf JP 2019開催担当

メールアドレス:elixirconfjp@gmail.com

所在地:北九州市小倉北区室町2-11-4 TMビル1F

p.s.協賛スポンサー様も募集しております

本カンファレンスにご協賛いただく企業様も募集しております

詳細は、下記fukuoka.ex応募ページ末尾でご覧ください

ElixirConf JP 2019 kokurajo応募ページ

https://fukuokaex.connpass.com/event/138846/

発表者

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

piacere

piacere published ElixirConf JP 2019 あなたの仕事をシンプルで速く、信頼性高くするカンファレンス.

08/07/2019 11:52

ElixirConf JP 2019 あなたの仕事をシンプルで速く、信頼性高くするカンファレンス を公開しました!

Group

beam-lang.tokyo

We love beam-lang!

Number of events 32

Members 824

Ended

2019/09/07(Sat)

13:00
20:00

Registration Period
2019/08/07(Wed) 12:10 〜
2019/09/07(Sat) 20:00

Location

北九州 芸術劇場

福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1−1−11

Organizer